草原

気づきにくい

精神疾患でもある双極性障害は、そのまま放置していると身体に様々な影響をおよぼす可能性がありますし、社会的な損失も出てきてしまいます。
しかし、双極性障害というのは、病気のサインを見逃しやすい傾向にあります。
その理由として「うつ病」と間違えやすいからです。うつ病の場合、気分が落ち込む状態が続くだけなのですが、双極性障害の場合には、落ち込む状態だけではなく、楽しい気分の状態もあります。
双極性障害患者に対する研究を行った結果、対象者の約3分の2が落ち込む状態から双極性障害が始まったと言われています。はじめは抑うつ状態から始まったとしても、はっきりと躁状態が確認できなければ「双極性障害」と診断することが出来ず、治療がスムーズにいかないこともあります。

診察で躁状態と抑うつ状態が出ていれば双極性障害とすぐに診断されますが、短時間で両方の状態が出ることはほとんどなく、本人が躁状態と抑うつ状態があるということを伝えなければ、双極性障害の診断が見逃されてしまいます。

双極性障害を自分で見逃さないようにするためには、正確に問診を答える、今までの自分を振り返ることが大切です。
最近では自分が双極性障害なのか診断することが出来るセルフチェックもありますので、行なってみるとよいでしょう。