草原

症状

双極性障害になるとどのような症状が起こるのでしょうか?双極性障害のタイプによって現れてくる症状は異なりますので、タイプ別に紹介します。

・軽躁状態
特に周囲へ影響をあたえることはありません。周りからは見た目の変化がほとんどありません。睡眠時間も十分確保しなくても日中行動することが出来ます。人間関係にしても、程よくコミュニケーションを取ることが出来ます。そのため、周囲の人や本人も発症していることに気づかない傾向があります。

・躁状態
軽躁状態に比べて、変化が大きいです。睡眠時間をほとんど削り、夜中でも行動し続けます。また、急に口数が多く、家族や友達などが話すことなく自分が話し続ける傾向があります。一つのことに対して努力をするのですが、長時間集中することが出来ず、中途半端に終わってしまいます。また、すべてにおいて失敗することが多くなるので、会社で信用を失う可能性があり、仕事をやめなければならない結果になる恐れもあります。

・うつ状態
ゆううつな気分(抑うつ状態)が長時間続き、何に対してもやる気が出なくなってしまいます。喜び、楽しみ、嬉しさといく感情が失われてしまいます。双極性障害は、抑うつ状態と躁状態が繰り返されるのですが、その中でも抑うつ状態が長期にわたって続きます。そのため、患者は「うつ病」だと思って病院を利用します。この時、躁状態があったことを自覚していない場合には、双極性障害と診断されにくいので治療がスムーズにいかない事も少なくありません。