草原

どんな病気か

双極性障害というのは、精神疾患の一つです。うつ病の一つとして分類されます。
一般的なうつ病の場合、ゆううつな気分になるだけですが、双極性障害の場合はゆううつな気分になるだけではなく、楽しい気分にもなることがあります。
憂鬱な気分と楽しい気分が何度も繰り返して起こることから双極性障害と言われています。

ゆううつな気分が続くから・・・ということでうつ病と決めつけるのではなく、症状の経過をみると躁状態も現れることがあります。そのため、双極性障害を見極めるために、一定期間の経過を観察しなければなりません。
また、双極性障害は症状の程度によって大きく2つに分類することが出来ます。
日常生活を送ることが困難な程度になってしまう場合には躁状態、一見抑うつ状態がわからないといった程度の状態は軽装状態と言います。
過度の躁状態が続いている躁状態のことを双極Ⅰ型障害、軽度の躁状態を双極Ⅱ型障害と言います。

この病気は、精神病の中でも研究が進んでいて、治療の技術も進歩しています。そのため、比較的治療しやすい病気となっています。
しっかりと医師の指示に従って薬を飲むことで、今まで通りの日常生活を送ることが可能です。