草原

くすりで

薬のことを悩む女性

双極性障害の基本的な治療として「薬物療法」が挙げられます。
処方される薬物は、気分を安定させる効果があるものです。気分を安定させる薬にはいろいろな種類はありますが、リチウムやバルプロ酸を使用するケースがあります。これらの薬には躁状態とうつ状態を安定させる効果があります。よって、どちらの気分で処方をしても問題ありません。
症状の程度によって、服用する量が変わります。服用している量が適しているかどうかを判断するために、病院では血中濃度を計測します。

うつ病の場合には「抗うつ薬」を使用することが多いですが、双極性障害の場合には用いません。抗うつ薬を服用することによって、強い躁状態を引き起こす可能性があるからです。
こうした状態を避けるためにも、双極性障害とうつ病の診断はしっかりと分けなければならないのです。

薬物が投与された場合でもすぐに症状が回復するということはありません。
長期間続けることによって、徐々に精神が安定して完治へ近づきます。回復に近づいてきたからといって、自分の判断で薬をやめるといったことは危険です。急に服用をやめてしまうことによって、再発率が高くなり、以前よりも症状が重たくなってしまう恐れがあります。
医師が薬を飲まなくて良いと診断するまでしっかりと服用を続けるようにしましょう。そうすることが、双極性障害治療のカギです。