草原

上手に付き合う

清潔感のある部屋

双極性障害は、自分の意志で抑うつ状態や躁状態になっているわけではありません。そのため、双極性障害で振り回されているのは周囲の人だけではなく、患者本人も振り回されているのです。
誰しも、自分は精神疾患を患いやすいとは思っていないでしょう。そのため、双極性障害という診断がくだされた時には大きなショックを感じることとなります。また、本当に診断結果が正しいのか?と思い、他の病院でも診察を受けるといった患者も存在します。

診断がくだされた時には「どうして自分がなってしまったのか・・・」と落ち込んでしまい、なかなか受け入れることができません。
しかし、双極性障害の治療をスムーズに進めてくためには、自分自身が「双極性障害」であることを受け入れなくてはなりません。
しっかりと受け入れた上で、本来の自分を思い出し、取り戻すようにしましょう。本来の自分になった時、その状態を持続させることにいよって日常生活を取り戻すことが出来ます。
病院へ行き、医師の指示に従った治療を受けることも大切ですが、日常生活の中で気をつける点も多数あります。
日常生活では、過度のストレスを与えない、生活リズムを整えることが大切です。生活リズムは健康な体を保つ上で欠かすことが出来ません。生活リズムが崩れてしまうことによって症状を悪化させてしまう、他の病気を併発してしまう恐れがあります。

自分自身が自分の体に一番詳しいですが、自分自身では気づくことが出来ないことも多数あります。そのため、周囲の人に協力してもらい、変化があれば医療機関を紹介するといった配慮が必要です。